毎日新聞の悪意「河野大臣、感染拡大地域へのワクチン優先配分に否定的」→実際は「要望量を十分に確保できるので優先順位不要」

政治・社会



 大阪や東京など新型コロナウイルスの感染者が拡大する地域にワクチンを優先的に送る「傾斜配分」について、河野太郎行政改革担当相は「大型連休明けに供給できる量により自治体の要望量を十分に確保できる」と述べ、優先順位を付けなくとも配布できるとの考えを示した。

 普通に考えれば要望量のワクチン確保ができるため、優先順位をつけるような供給に制約は出ないというグッドニュースなのだが、これが毎日新聞の手にかかると以下のようなタイトルとなる。

河野大臣、感染拡大地域へのワクチン優先配分に否定的 | 毎日新聞

 悪意しか感じない。まるでワクチンが不足して感染拡大地域に配布できないという印象を受ける。

平将明議員「わざとやってる」

 この毎日新聞のタイトルについて、自民党の平将明衆院議員は「なんでこういう見出しになるかね〜。わざとやっているんだろうけど」と呆れている。


 毎日新聞はワクチンへの不安を煽ることで国民を混乱させ、それを政権批判に結び付けようという魂胆なのだろう。人の命より反政権が優先ということだ。

関連:毎日新聞デジタル編集長「COCOAにかけたお金をワクチン開発に回していれば…と思うのは私だけでしょうか」←あなただけです
関連:悪質な印象操作か?毎日新聞「福島の除染廃棄物置き場近くを走る聖火リレーの車両」→聖火リレーでも除染廃棄物置き場でもない写真?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で