立憲・柚木道義さんの新プロフ画像「コロナから守る」さすが、お悔み投稿に会食現場でのピースサインを投稿しただけのことはある

政治・社会


 立憲民主党の柚木道義衆院議員が3日、SNS用のプロフィール写真を更新した。キャッチフレーズは「コロナから守る。ワクチン、補償、検査」となっている。


会食現場でピースサインの説明は?

柚木氏と言えば昨年末に羽田雄一郎氏が新型コロナウイルスに感染し亡くなった際のお悔みの投稿に、5人以上の会食現場でピースサインをする写真を投稿して大炎上している。
立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付


 柚木氏は自身の選挙区である岡山県倉敷市と東京の往来を自粛することもなく、国会の合間に頻繁に帰省し街頭活動を行っている。自分が次の選挙で当選することを優先するような議員が、白々しく「コロナから守る」とキャッチフレーズを掲げても説得力はゼロだ。
 年末の会食現場でのピースサインについても説明もなく、都合の悪いアカウントをSNSでブロックし続けている。国民をコロナから守る前に、自分が感染しないように注意してもらいたい。

関連:【恥ずかしい動画】立憲・柚木道義さん、予算委員会で「お願いしていない」麻生大臣の退席を求める→麻生大臣「俺が主催してんだよ」財務大臣が必ず出席するルールを知らない模様
関連:立憲・柚木道義さんが街宣の報告「そうだ!と大勢の激励」→嘘でした!動画を見る限り激励の声はゼロ


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で