維新・やながせ裕文議員「家にウンコが送られてきた。キレイにパッキングされていた。非常に悲しい思いをした」

政治・社会



 日本維新の会の柳ヶ瀬裕文参院議員は28日の地方創生及び消費者問題に関する特別委員会で、初めて選挙に出た15年前に家に"うんこ"が送られたきたことを明かした。キレイにパッキングされていたようだが、非常に悲しい思いをしたという。

送る方にもダメージが

 質疑は「送り付け商法」について禁止したほうが良いのではないかという趣旨で、中身の分からないものが突然送られてくる不安について語った際のエピソードだ。

 柳ケ瀬議員が初めて選挙に出たのは2007年に民主党公認で大田区議会議員に挑戦したときだ。政治家や著名人の名前を無断で使い通販サイトに注文をして送り付ける嫌がらせは多いようだが、うんこが送られてきたという例はなかなかの衝撃だ。

 きれいにパッキングされていたのは宅配の途中に異臭騒ぎになることを気にしたものと思われるが、これを準備する自分も嫌な気分になるという諸刃の剣的な嫌がらせだ。

関連:マスク着用を求められ「この若造が!」とウンコを投げつけた赤磐市議が議員辞職「世間をお騒がせして申し訳ない」
関連:神戸新聞「トイレに落書き、うんこプーン 45歳男を逮捕」←これを書かされた記者はどんな気持ちだったんだろう


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で