赤羽国交相「蓮舫議員のツイート、意味不明です」蓮舫の「私たちは一年前からワクチン接種求めた」に反論

政治・社会



 赤羽一嘉国土交通大臣が31日、自身が新型コロナウイルスの水際対策として国際線乗務員へのワクチン接種を提案したことを批判する立憲民主党の蓮舫代表代行に「蓮舫議員のツイート、意味不明です」と引用リツイートで反論した。


蓮舫ツイートへ二つの疑問

 赤羽大臣は、国際線乗務員よりもエッセンシャルワーカーを優先するよう求める蓮舫氏に対して「エッセンシャルワーカーの定義に、国際線乗務員は入らないのでしょうか?」と指摘している。
 コロナ禍では医療従事者の負担が問題視され、エッセンシャルワーカーと言えば医療従事者というイメージがあるが、本来は小売業や通信関連、公共交通機関など生活に必須の職業全般を指す言葉だ。

 蓮舫氏の「私たちは1年前からワクチン接種を求めていた」というツイートには事実無根との指摘が多数あったが、赤羽大臣も「一年前に、ワクチンの優先接種を求められていた事実はありましたか?」と指摘している。赤羽大臣は一般アカウントからの質問に以下のように答えている。


 蓮舫氏はよく考えず何にでも噛みつき、何か投稿しなくては気が済まない"ツイ廃"の状態にある。党内で誰か話し相手になってあげるべきだ。

関連:辻元清美「カルロス・ゴーンはなんで逃亡したの?世界で聞いたことない」→赤羽大臣「そんなひと、世界で一人しかいませんから」
関連:速報!赤羽国交大臣、トミーズ雅に似ていると指摘される「たまに言われる。長男も同じあだ名だった」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で