天皇陛下が五輪開催に懸念?宮内庁長官「直接そういうお言葉を聞いたことはない」→立憲「国民の不安を代弁していただいている」

政治・社会



 東京オリンピック・パラリンピックについて宮内庁の西村泰彦長官が24日の定例会見で「陛下は現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されている」「開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されていると拝察している」と述べた。

 加藤勝信官房長官はこの発言に対し同日午後の会見で「宮内庁長官ご自身の考えを述べたと承知している」と述べた。宮内庁長官自身も「直接そういうお言葉を聞いたことはない」と説明している。

便乗する立憲民主党

 宮内庁長官の発言は「拝察」である。これは推察をへりくだって表現する言葉であり、天皇陛下御自身が発言されたわけではない。世論が二分されるようなことに関して宮内庁長官が天皇陛下のお言葉を「拝察(推察)」して発信すること自体が天皇の政治利用につながりかねない軽率なものであるが、立憲民主党などは早速、これをオリンピック反対運動に利用しようとしている。

陛下の懸念は「宮内庁長官自身の考え」 加藤官房長官 – 東京オリンピック:朝日新聞デジタル
 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は朝日新聞の取材に「政府がいう『安心・安全の大会』になるのか、懸念をもっておられるんだと思う。国民の多くも共有している。大変重い」と語った。同党の逢坂誠二・コロナ対策本部長も「我々国民の不安を代弁していただいている」とした。

 ここは政治家として宮内庁長官の軽率な発言を批判するべきであって、勝手に天皇陛下のお言葉と解釈して政治利用するのは言語道断だ。特に逢坂誠二議員が「代弁」という言葉を使っていることは許されることではない。

関連:立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←陛下を2階貴賓席ではなく土間・桟敷に座らせるのか?
関連:立憲・田島麻衣子さん「菅総理がオリンピックを強行すると」→実際の発言は「挙行する」削除して謝罪

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で