【政府の極秘計画】萩生田大臣が会見でポロリ「宇宙人飛行士の活躍」宇宙開発戦略本部会合の説明で、慌てて訂正

政治・社会



 萩生田光一文科大臣が29日の会見で、宇宙開発戦略本部会合について説明中に「宇宙人・・・」と発言する場面があった。大臣は苦笑しながら「失礼・・・日本人宇宙飛行士のですね、ごめんなさい、日本人宇宙飛行士の活躍機会の確保」と訂正をした。

会見冒頭の書き起こし

 本日、宇宙開発戦略会合が開催され、宇宙基本計画の着実な実行に向けて、宇宙基本計画改定にむけた重点事項が決定されました。文科省としては今回の重点事項を踏まえ、まずアルテミス計画へ参画による深宇宙探査に必要な技術開発や宇宙人・・・失礼、日本人宇宙飛行士のですね、ごめんなさい、日本人宇宙飛行士の活躍機会の確保。人類初の火星圏からのサンプルリターン実現に向け、2024年の打ち上げを目指す火星衛星探査計画等の宇宙科学、探査。
 3番目として2020年中に完成したH3ロケットの開発や、その先を見据えた抜本的な低コスト化等を目指した革新的将来宇宙輸送システムの研究開発。
 4点目として、衛星コンストレーション党の将来ニーズを踏まえた衛星の開発や、自在育成などに取り組んでまいります。これらの取り組みを通じて、我が国が自立した宇宙利用大国となることを目指すとともに、宇宙開発の意義や成果を皆さんの、国民の皆さんに丁寧に発信し多くの国民に夢と希望を与えるような取り組みを進めてまいりたいと思います。

関連:【未確認飛行物体】加藤官房長官はUFOに遭遇したことがある?米国の報告書公開を受け会見で答える
関連:中国共産党のスパイ機関?有村治子議員が孔子学院への深刻な懸念を国会で取り上げる!萩生田文科相「情報公開促す」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で