蓮舫さん「ワイドショー、情報番組はなぜ、今行われている都議選ではなく韓国大統領選の特集なんだろう」

政治・社会



 立憲民主党の蓮舫参院議員は30日、ワイドショーや情報番組が現在行われている東京都議会選挙ではなく韓国大統領選を報道していることに疑問を呈した。


東京都民だけが視聴者ではない

 どの話題を取り上げるかは放送局の自由。都議選が視聴率が取れると判断すれば連日でも特集するが、全国放送では東京以外の視聴者も意識しなければならず簡単な話ではない。小池都知事が選挙直前に入院し、注目されるような仕掛けもない今回の選挙ではなおさらだ。

 蓮舫氏の投稿に対しては放送法で求められる「公平・中立原則」により難しいとの意見も寄せられているが、公平性を損なうような虚偽報道や特定政党や候補者への投票を促す選挙運動をしなければ特に明確な縛りはない。放送各社の自主規制により量的な公平性を保とうとする傾向もあるが、これも厳密に時間や回数までを揃える量的公平が求められているわけではない。

 一方で、特定政党や特定候補者への偏りを政党や視聴者から指摘されることもあり、東京都議選のように大きな選挙(271人が届出)が扱いにくいのも事実だろう。このあたりの事情を元キャスターの蓮舫さんが知らないわけもなさそうだが・・・

関連:蓮舫の長男・村田琳「母もネットで叩かれてるのを自分で確認して傷ついている。とは言え叩かれるのも仕事、ボクは応援している」
関連:蓮舫さん、14歳との性交発言をやんわり批判「ご本人の認識が問われる」→過去の自民党批判発言をリプライしたアカウントを非表示&ブロックの刑に

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で