毎日新聞のタイトル詐欺「安倍前首相 反日的な人が五輪開催に強く反対」→実際の発言と大きく乖離

政治・社会



 毎日新聞が3日に掲載した記事で、安倍前首相が五輪開催に強く反対する人たちを「反日的」と規定したとしてSNS上で批判の声が上がっている。
参考:安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対」 月刊誌の対談に

 野党議員や著名なジャーナリストも釣られているようだが、これは毎日新聞の"タイトル詐欺"である。実際の発言内容は記事内にも掲載されているがタイトルとは意味が異なっている。

安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対」 月刊誌の対談に | 毎日新聞
 安倍晋三前首相は発売中の月刊誌「Hanada」で、東京オリンピック・パラリンピックについて、「歴史認識などで一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対している」と批判した。具体的には共産党や5月の社説で中止を求めた朝日新聞を挙げた。

「反日的」は安倍前首相の主観ではない

 毎日新聞のタイトルでは安倍前首相が五輪開催に反対する人たち全体を直接的に「反日的」と規定したような印象を受けるが、実際の発言は「歴史認識などで一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対している」であって、開催反対派全体を指しているのではなく、安倍前首相以外の第三者から反日的ではないかと批判されている人たちが、五輪開催に反対しているという意味だ。五輪反対派=反日などとは一言も言っていない。

 これは五輪開催に反対する人の中に「反日と批判されるひと」がいるという、客観的な感想に過ぎず何の問題もないものだ。五輪開催反対派に「反日と批判されるひと」がいないと見ている人がいるなら、むしろそちらの方が異常な感覚だろう。

 こんな低レベルなタイトル詐欺に釣られているひとのなかに立憲民主党の打越さくら参院議員もいるが、自分たちへの批判に「与党支持者のネトウヨ」と一切耳を貸そうとしない同僚議員に関しても同様に批判して欲しいものだ。

関連:カミツキ蓮舫「ネトウヨは反日、日本から出ていけ」生物学者のヘイト投稿に”いいね”を付け50万フォロワーに拡散
関連:沖縄タイムス・阿部岳記者「政府そのものがネトウヨ。だから中国や韓国を無条件に敵視」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で