蓮舫さん、バッハ会長の言い間違い「チャイナピープル」に苦言「五輪への強い想いを共有されているなら、こんな言い間違いはない」

政治・社会



 立憲民主党の蓮舫代表代行は13日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と面会した際に日本人を「チャイナピープル」と言い間違えたことについて「東京オリンピックへの強い想いを共有されているなら、こんな言い間違いはないでしょう。」と批判した。


よくある言い間違いでは?

 他国を訪れて相手方の呼称を間違うのは褒められたことではなく、バッハ会長としても痛恨の言い間違いであったのは事実。一方で、国外ではアジア系を「中国人か韓国人」と思い込むことはよくある。当然、バッハ会長は「ジャパニーズ」と認識しているが、つい「チャイニーズ」と言ってしまったのであれば、そこまで驚くべきことではない。

 日本では中国に対する反感が強い傾向にあるが、この場合の言い間違いは差別や偏見の意図がないミスである。これを無礼な発言として過剰に責めるのは、それこそ中国人にも失礼だろう。

 少なくとも筆者はこの程度の言い間違いで、日本人が軽く見られているような印象は受けない。よくあることとして、笑って流す寛容さくらいは持ち合わせておきたいものだ。

関連:蓮舫さん、東スポの記者に御立腹「批判ありきとする記事配信。何なんだろうなぁ」
関連:赤羽国交相「蓮舫議員のツイート、意味不明です」蓮舫の「私たちは一年前からワクチン接種求めた」に反論

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で