ラサール石井、東京都のコロナ感染者1149人に「はいキター!!#東京五輪の中止を求めます」ツイートに批判殺到

エンタメ



 タレントのラサール石井が14日、東京都内での新型コロナウイルス新規感染者数が1149人となったニュースを引用し「はいキター!!#東京五輪の中止を求めます」とツイートしたことで批判を浴びている。


五輪中止が目的化した結果

 東京オリンピック開催に対する賛否はそれぞれで、賛成の人にしてみれば無事開催できれば喜びを表現することはあるだろう。一方で、反対する人たちの主な理由が新型コロナであることから、仮に中止になったとしても即ちそれは感染拡大を意味するもので喜ぶべきことではない。

 寄せられている批判のほとんどが「感染者増加が嬉しそう」というもので、本来は感染者を抑えるための五輪中止要求だったはずが、逆に感染者増加を喜ぶという矛盾が生じているように見える。五輪中止が目的化した結果だろう。

 一体この人はどこに向かって走っているのだろうか?五輪中止の先に何があるというのか。

関連:ラサール石井さん、ネットのフェイクに釣られ「G7で立ち尽くす菅総理」日刊ゲンダイにコラムを寄稿してしまう
関連:ラサール石井さん、菅総理のツイッターに「明らかな代筆。臆面もなさすぎてこちらが恥ずかしくなる」→事務所運営アカウントでした

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で