小説家の中沢けい「国立競技場で菅首相がばったり倒れたら世界的大ニュースになる。なんてことは起きませんように」

政治・社会



 小説家の中沢けい氏が14日、東京オリンピック中止を求める投稿の中で「あの広い国立競技場のグランドで、退場する菅首相がばったり倒れたら、世界的大ニュースになるね。熱中症で搬送とか」とツイートして批判を浴びている。最終的には「なんてことは起きませんように」と否定されているが、まるで菅総理の不幸を望んでいるような印象も受ける。


権力者批判なら許される?

 総理とは言え個人名を上げて縁起でもない妄想を書くべきではないだろう。政権に批判的な人たちは、安倍前総理が辞任した際にも難病を揶揄するような投稿を繰り返し行っており、権力者に対しては何を言っても許されると勘違いしている。

 中沢氏のツイートの最後にある「なんてことは起きませんように」という一文で免罪されると思っているなら大間違いで、これは逆に自分の投稿が不適切であることを認めている。

 小説家として、もう少しましな文章が書けなかったのだろうか。

関連:ラサール石井、東京都のコロナ感染者1149人に「はいキター!!#東京五輪の中止を求めます」ツイートに批判殺到
関連:非道!立憲・石垣のりこ「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」安倍総理の難病を本人の責任と批判

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で