ヤマサ醤油が小山田圭吾の従兄弟・田辺晋太郎の投稿で謝罪「契約は、本年6月30日に終了」

政治・社会



 調味料メーカーのヤマサ醤油は20日、いじめ問題で東京オリンピックの楽曲担当を辞任した小山田圭吾の従兄弟・田辺晋太郎のツイッター投稿についてお詫びの声明を発表した。
 小山田圭吾氏の辞任を受けて従兄弟の田辺晋太郎氏がツイッターで「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」と挑発的な投稿を行ったことで、商品の監修を受けていた同社のツイッターアカウントにも批判が殺到していた。田辺氏との契約は今年の6月30日をもって終了しており、関連商品も終売していたが、思わぬとばっちりを受けた形だ。


同情の声も多数寄せられる

 田辺氏のツイッタープロフィールに「ヤマサ肉鍋つゆシリーズ等の商品開発」と書かれていたことから、ヤマサ醤油のアカウントに批判が殺到する事態となっていた。一方で、トラブルに巻き込まれたヤマサ醤油に対して同情する投稿もSNSで多く見られた。

 また、謝罪の声明を迅速に発表して事態の収拾に動いたことを評価する声もある。そもそもヤマサ醤油にはなんの責任も無いのだが、企業イメージを損なうような誤解による批判投稿は見過ごせなかったのだろう。謙虚な姿勢で本来は必要のない謝罪を行いながら、すでに契約は終了し関連商品が終売していることを伝えたのはベストな対応だった。

関連:小山田圭吾の従兄弟「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」→瞬時に投稿削除して謝罪
関連:太田光が小山田圭吾のいじめ問題を擁護「当時の雑誌が許容、時代の価値観」ちなみにクイックジャパン最新号は「爆笑問題」特集です

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で