蓮舫さん、オリンピックを満喫「素晴らしいです!ワクワクしました!」→ダブスタを指摘した日経新聞編集委員に逆ギレ中

政治・社会



 立憲民主党の蓮舫代表代行は25日、自身のツイッターで「堀米雄斗選手、素晴らしいです!ワクワクしました!」とスケートボード男子ストリートでの金メダル獲得に興奮した様子で投稿を行った。


 この投稿には一斉に「中止しなくて良かったでしょ?」「手のひら返し」とツッコミが殺到している。蓮舫氏は1カ月前までは東京オリンピックの中止を訴えていたが、開催が近づくにつれ「中止か延期」とトーンダウンし、最近では「見直し」「立ち止まる」と、どちらともとれるような表現になっていた。

日経新聞編集委員に突っ込まれる

 蓮舫氏の投稿に対しては、日経新聞の滝田洋一編集委員から「五輪の賛否と選手の応援は別ということ?」とダブスタを指摘されている。


 これに対して蓮舫氏は「大会開催そのものへの反対は変わりません」としたうえで「反対なら応援するな、ではありません」と反論している。


 なんとなく正しいことのように見えますが、東京オリンピック反対を政治的に利用しておいて、開会しても反対の姿勢を崩していない蓮舫氏が選手の活躍をまた政治利用しているようにしか見えない。

 新型コロナウイルス感染拡大で、世論が開催に懐疑的だったときは徹底的に不安を煽っておいて、いざ開催して世論がオリンピックで沸き立つとそれに乗っかるのは卑怯だ。オリンピックを楽しむのは自由だが、せめて過去の発言を詫びてからにして欲しい。

関連:蓮舫さん、バッハ会長の言い間違い「チャイナピープル」に苦言「五輪への強い想いを共有されているなら、こんな言い間違いはない」
関連:立憲・川内博史議員が天皇陛下の政治利用「陛下が開会式で「大会の中止」を宣言されるしか、最早止める手立ては無い」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で