鳩山友紀夫さん「金メダルと共にこの国は奈落に落ちるのか」五輪と日本が憎過ぎてとんでもないことを言い出す

政治・社会



 鳩山友紀夫元首相は1日、自身のツイッターで東京オリンピック組織委員会の武藤事務総長の発言を批判するなかで「金メダルと共にこの国は奈落に落ちるのか」と投稿した。


元総理の肩書を抹消して欲しい

 かつてはこの国のトップであった人物が、自国開催のオリンピックと自国を「奈落」と誹謗する軽薄さ。ただひたすら自国を貶める呪いのような言葉を吐き続ける人物に、元総理という肩書を与えてしまったことは取り返しのつかない失敗だった。

 そもそも感染者数が東京オリンピックの開幕とはリンクしない形で増加していることを無視しているのも鳩山さんらしい勘違いだ。民主党政権発足前から具体性・計画性・実現性がまったくない思い付きの政策を掲げ、思いつきの発言で日米関係を悪化させただけのことはある。自分の担った政権が評価に値しないことから、他の政権を批判したくなる気持ちもわかるが、このひとの質の悪いところは日本そのものを貶める発言を平気ですることだ。

 できれば中国あたりで引き取って欲しいのだが、習近平さんにぜひご検討いただきたい。

関連:鳩山友紀夫が金正恩を礼賛「金正恩委員長が演説で、国民に報いることができずに面目ないと謝罪して涙ぐんだ」もう、亡命してください
関連:鳩山友紀夫元総理が立憲民主党に苦言「民主党時代に公約違反で消費税増税して党を分裂させた反省はありますか」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で