立憲・松原仁さん、パラリンピック開催の是非を問うアンケート結果を正直に公開!コッソリ消した早稲田ゆきさんとは大違い

政治・社会



 立憲民主党の松原仁衆院議員(東京3区)は8日、パラリンピックの開催是非を問うアンケートの結果を公表した。同様のアンケートでは同党の早稲田ゆき衆院議員(神奈川4区)が、意に反して開催を望む投票が90%に迫ったことで削除したことが話題となっていた。


アンケート結果は政治判断の材料

 立憲らしくない立憲議員である松原氏だけあって、早稲田氏のような削除逃亡はしなかったようだ。もとから中止ありきのアンケートでもなかったのだろう。

 ちなみに早稲田氏が削除逃亡したアンケートが以下、


参考:【無かったことに】立憲議員が行った五輪アンケート「予定通り開催」が90%に迫ったため削除逃亡「開催中止か延期」は10%以下

 松原氏の行ったアンケートでは有観客と無観客の開催を合わせると80%を超えており、中止か延期は16.5%にとどまっている。松原氏はこの結果にアスリートの意見を踏まえて議論するとツイートしているが、これこそが真っ当な議論というものだ。世論だけでは感染症対策の面で不安が残ることも事実で、様々な意見を総合して判断するのが政治である。

 早稲田氏のように気に入らない意見は抹消して、自身の意見に沿うものだけをピッキングするのは独裁の第一歩だ。松原氏を見習って、早稲田氏もパラリンピックアンケートを行ってみればいい。

関連:ヤフーの選択的夫婦別姓アンケート、反対多数で中止?→賛成派の不正投票を察知して早期締切、運営の英断だった
関連:勝つまでやる!福島県産品への風評被害を広めたい自称フランス人、アンケート結果に納得できず4回もやり直す→「福島県産食品購入、ためらわない」が90%超え

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で