朝日新聞掲載の「アフガンの写真」がパクツイだった?海外アカウントから無断転載、提供のジャーナリストに疑義

マスコミ・報道



 朝日新聞デジタルが17日に掲載した記事「『米国の失敗』 20年間のアフガン戦争の大義どこに」に掲載された複数の写真が、海外メディアや団体、ジャーナリストが撮影した写真を無断で盗用しているのではないかという疑惑が生じ、朝日新聞は同日夜に記事を削除した。


削除された記事のアーカイブ
魚拓:「米国の失敗」 20年のアフガン戦争の大義どこに:朝日新聞デジタル

コラ写真の登用までバレて観念か?

 問題の記事はジャーナリストの西谷文和氏にアフガニスタンのこれまでと現状を聞くという趣旨であった。掲載された写真には「西谷文和さんが現地にいる通訳者から画像を入手した=2021年8月、西谷さん提供」とクレジットが打たれていた。西谷氏は自身のツイッターアカウントにもアフガニスタンの現状を伝える写真を多数掲載していたが、これがことごとく過去に他者が掲載した写真と一致していたことで騒動となっていた。


 次々とネット上で検証され、ほぼすべてが盗用であるとの指摘を受ける結果となったが、最終的には「大統領府に入ったタリバンが、彼らの旗を掲げた」として掲載した写真が、ネット上に流れている粗悪なコラ写真と指摘され写真の更新は止まった。


 ジャーナリストとしては考えられないほど悪質な行為で、朝日新聞としては騙されたたという気持ちでいるのだろう。提供写真の信ぴょう性や著作権の確認はなかなか難しいものであるが、朝日新聞に掲載された写真の一部はアフガニスタン情勢を伝える写真として話題になっていたものもある。

 朝日新聞はただ削除するだけでなく、掲載に至った経緯などを調査して公表する必要があるだろう。

関連:リテラに記事を盗まれた!当サイトの検証結果をリテラ編集部の調査として掲載
関連:TABLOのライターに記事をパクらた!編集部からお返事がいただけないので勝手に比較検証させてもらいました

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で