東京新聞の望月衣塑子記者が佐藤正久議員の発言を捏造して指摘される「かなり誤解を招きやすいツイート。主語と述語が合ってない」

マスコミ・報道



 東京新聞の望月衣塑子記者が17日、厚労省職員の発言を自民党の佐藤正久外交部会長の発言としてツイッターで批判し、本人から指摘を受ける事態となっている。


本人からの指摘を無視する無責任さ

 望月記者は、東京五輪の開幕日にラムダ株が国内で確認されていたにもかかわらず公表されるまで2週間を要したことについて、テレビ番組に出演した佐藤議員が「早く発表すべきだったが情報共有されてなかった。答えたのは報道から問い合わせがあったから」と発言したとして「こんな言い訳が通ると思ってるのか」と批判しているが、これは厚労省職員の発言を佐藤議員が批判したものだ。


 中日スポーツのタイトルにも悪意を感じるが、記事を普通に読めば厚労省職員の発言と認識を佐藤議員が批判していることは読み取れる。

高致死率ラムダ株2週間報告せず「(検疫は)もっと早く問い合わせがあれば答えたという感覚」自民党外交部会長が番組で説明:中日スポーツ・東京中日スポーツ
(前略)
五輪があるから発表しなかったのではと問われた佐藤部会長は「(検疫は)もっと早く問い合わせがあれば答えたという感覚。ラムダ株に対する意識の高さがなかった。空港検疫で見つかったとあれば発表すべき。それは内閣官房関係者も同じ意見だ」と語った。
(後略)

 本人から指摘を受けているのだから、謝辞して撤回をすればいいものを完全に無視している。記者としての資質を問われかねない無責任な対応であるが、そもそも自分で調べるどころか読むことさえ放棄しているのだから質が悪い。

 東京新聞はこの記者が、どうして同業他社からも嫌われるかをよく考えて配置を考え直すべきだろう。

関連:これは酷い!ドラマ版「新聞記者」自殺した赤木さんと妻の物語に内容を変更→赤木雅子さんが反対しても制作強行、原案の望月衣塑子「内容は知らない」
関連:東京新聞のタイトル詐欺「選手村のエアコン1万3000台も廃棄?」望月記者も釣られる→すべてリース業者に返却、家電リサイクル法も

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で