立憲・枝野代表「私はバイデン大統領の戦略を意識してる」党の新ポスター「変えよう」がオバマのチェンジに似ていると指摘され答える

政治・社会



 立憲民主党は18日、次期衆院選に向けた党の新ポスターを会見で発表した。
 
 会見冒頭で広報担当の蓮舫代表代行がポスターのコンセプトを発表したが、記者からは「オバマ大統領が選挙戦での"チェンジ"にインスパイアされたのか?」と質問が飛ぶ場面があった。蓮舫代表代行はこれに「オバマ大統領は意識していません」と否定した。

 また枝野代表は別の記者の質問に答えた際に「バイデン大統領の政権獲得戦略を私はずっと意識している」と述べ「オバマさんと言われたことにビックリした」と苦笑した。

変えよう。ではなく自分が変われ

 バイデン大統領の政権獲得戦略というのが何を指しているのかは不明だが、あのアメリカ大統領選は歴史に残る泥試合で特に学ぶものはなく、ただ後味の悪さだけが残った選挙だった気がする。

 そもそも政党ポスターが今からムーブメントを起こすとも考えられず、最終的には各支部のこれまでの政治活動がものを言うだろう。ましてや立憲民主党の国会活動に対する評価と支持率低迷を覆すほどのインパクトはこのポスターにはない。

 この「変えよう。」というキャッチフレーズも陳腐なもので、有権者からしたら「まずお前らが変われ」というツッコミしかないだろう。政治家や政党が率先して変わることなく、選挙の前になって都合よく「あなたといっしょに」と言い出すのはもう見飽きたし、何度も騙されてきた。

 国民に何かを求める前に、まず自分が希望を示せ。

関連:立憲・石川大我「動画さらすぞ」コロナ感染知人の緊急搬送を強要した疑い、文春が報道→本人が否定も証拠写真が流出した過去
関連:代表辞任?本多平直問題で枝野代表「一連の問題、すべての責任は私にある」→蓮舫の過去発言「責任は感じるものではなく取るもの」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で