枝野幸男さん「危機感が足らない!」東京から新潟に移動し聴衆を集め自民党のコロナ対策を大声で批判するギャグを披露

政治・社会

菊田真紀子議員ツイッターより


 立憲民主党の枝野幸男代表は18日、新潟県内で行われた街頭演説で「相変わらず危機感が足りない」と自民党の新型コロナ対策を厳しく批判した。


 ツッコミ待ちなのかもしれませんが、緊急事態宣言下の東京から新潟県まで移動して、聴衆を集めて大きな声で「危機感が足らない」と叫ぶのはギャグなのだろうか?

自民党は総裁選演説を自粛中

 自民党の総裁選を散々と批判しておいて、平気な顔で全国各地で大規模街宣を繰り返す。総裁選で与党のコロナ対策が疎かになっているかのような印象操作をしながら、自分たちは衆院選の事前準備運動ばかり。自民党では総裁選の街頭演説を自粛しているというのに。

 枝野代表は先日も「9時から17時まではコロナ対策、総裁選は17時以降に」などと発言していたが、昨年の立憲民主党代表選は昼間に行われていたことが指摘されている。代表に限らずコロナ対策以外の政治活動はいまでも日中に行われており、自分はいいけど他人はダメという立憲らしい独善的な考え方だ。

 自民党が総裁選で支持率を回復させる一方で、立憲民主党は何を言ってもブーメラン、何をやっても支持率は下がるという救いようのない状況だ。
 こうなったらもう、何もせず何も言わないことが最善策では?

関連:検証!高市早苗をデマ攻撃する立憲議員「政権に批判的と言われたキャスター達が交代に追い込まれた」→証拠は?のツッコミ殺到
関連:【動画】維新・馬場幹事長、臨時国会を求める立憲民主党にチクリ「スキャンダル追及でコロナは二の次三の次になる」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で