国民・玉木代表「立憲民主党が今のままであれば合流はもうない」

政治・社会



 国民民主党の玉木雄一郎代表が10日に出演したテレビ番組で、共産党と接近する立憲民主党との合流について改めて否定をしている。

国民・玉木代表「立憲との合流はもうない」 共産との閣外協力で | 毎日新聞
 国民民主党の玉木雄一郎代表は10日のフジテレビの番組で、立憲民主党との合流について「立憲民主党が今のままであれば合流はもうない」と否定した。立憲が共産党と、政権交代時の限定的な閣外協力で合意したことを理由に挙げた。

立憲、国民両党を支持する連合の芳野友子会長は就任後、立憲・共産の合意を批判する一方、立憲と国民の合流に期待感を示していた。玉木氏は「連合が(合流)してほしいということだが、我々は独自に衆院選をしっかり戦いたい」と強調した。

立憲が連合に切られる日も近い?

 昨年の合流協議で立憲民主党には参加できない議員が集まったのが国民民主党。産別出身の議員はわざわざ無所属で様子を見てから国民民主党に参加していることからも、さすがに1年で合流という話にはなりません。

 連合が合流して欲しいというのも、あくまで理想であって現状の立憲民主党を容認するものではない。共産党との関係を見直さない限り、立憲民主党と連合の距離は遠くなる。その一方で、頼みの綱の国民民主党が党勢拡大できていないことから、連合の選択肢が最悪は自民党も視野に入ってくる。

 連合東京が都民ファーストや公明党を支援していることを考えれば、立憲民主党を切ることはさほど難しい選択ではないだろう。

関連:立憲共産の連携に連合新会長「閣外協力もあり得ない」就任早々、バッサリと斬り捨てる
関連:国民・榛葉幹事長が共産党に不快感「市民連合との共通政策、今後もサインしない」連合推薦を受けない立憲選挙区に独自候補擁立も検討

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で