自民・有村治子氏、山崎拓元幹事長の辻元氏応援に「断固許されない反党行為、大阪10区大隈和英候補は国家国民に仕えてきた人格者」

政治・社会



 自民党の有村治子参院議員は29日、山崎拓元幹事長が立憲民主党の辻元清美氏の応援演説を行ったことに怒りのツイートを行った。

 有村氏は「皆が必死になって熾烈な選挙を戦っている中、山崎拓元幹事長の乱心は、政党政治の信頼を揺るがす断固許されない反党行為です。」としたうえで「自民党大阪10区 #大隈和英 候補は、誠心誠意コロナ禍に向き合ってきた医師であり、使命感を持って国家国民に仕えてきた人格者です!」と同党公認の大隈和英氏への支援を訴えた。


辻元氏も立憲を裏切っている

 報道によると自民党公認の大隈和英氏は党本部に山崎氏の除名を求める上申書を提出しているという。
参考:自民大阪府連、辻元氏応援の山崎拓氏の除名処分要求 – 産経ニュース

 大阪10区は立憲の辻元清美氏、自民の大隈和英氏、維新の池下卓氏が三つ巴で争う全国屈指の激戦区である。党としても有力議員を連日応援に送り込む力の入れようであるが、そこで元幹事長が対立候補を応援するなどありえない。

 裏切りは山崎氏だけではなく辻元氏も立憲を裏切っている。辻元氏は「選挙区は辻元、比例は自民党」と演説した山崎氏の言葉をそのままツイッターに掲載している。立憲の比例票を落としてでも自分が選挙区当選しようという反党行為である。

 自民党が山崎氏を除名処分にすることは不可避であるが、立憲民主党は辻元氏の反党行為に対してどのように対処するのか?身内に甘いことで有名な立憲民主党であるが、その身内を売るようなことを許すのだろうか?

関連:辻元清美氏の呼びかけ”宗男さんをあいしてます”に自民・鈴木貴子氏が不快感「鈴木宗男を週刊誌ネタで事実と異なる印象操作で国策捜査に陥れた」「辻元さんは秘書の給与を騙し取ったと自ら認めた」
関連:辻元清美「カルロス・ゴーンはなんで逃亡したの?世界で聞いたことない」→赤羽大臣「そんなひと、世界で一人しかいませんから」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で