【無免許都議】木下富美子さん「ぜひ続けてほしい、また力を貸してほしいという声がある」鋼のメンタルで辞職を否定

政治・社会



 7月の東京都議選中に無免許運転で事故を起こしていたことを公表しないまま当選した木下富美子都議が9日、当選後初めて登庁し都議会議長と面会した。面会後の囲み会見で木下都議は反省の弁を述べたが「厳しい批判を受ける一方で、ぜひ続けてほしい、また力を貸してほしいという声があることも事実です」として辞職勧告決議には応じず辞職する考えがないことを明かした。


3カ月分の報酬は寄付したが・・・

 議会の召喚にも応じず雲隠れしていた3カ月分の議員報酬については、公職選挙法に違反しないよう選挙管理委員会の助言を受けながらNPOに寄付したという。雲隠れ中の報酬を返上するのは当然として、辞職せずこれ以降の報酬を得ようというメンタルが恐ろしい。

 選挙期間中の無免許運転事故という前代未聞の不祥事であり、それ以前にも継続的に無免許運転を繰り返していたのだから公職としては欠格と言って差し支えない。木下都議に「ぜひ続けてほしい」と告げた人物の実在性も疑わしく、本当ならば是非お目にかかってみたいものだ。

関連:【動画あり】無免許都議の木下富美子さん、2年前の都議会でドスコーイ!と自民都議を張り倒す暴行騒ぎを起こしていた
関連:前川喜平さん、都議の無免許運転問題で板橋区民を責める「よくよく自分の投票行動を反省するべき」発覚が投票後なんですが

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で