リコールで失職した元草津町議、最高裁で敗訴が確定→「女性差別」と騒いでたMeTooの人たちは完全に沈黙

政治・社会



 町長から性的暴行を受けたと告発した元草津町議がリコール(解職請求)され住民投票の結果失職した問題で、最高裁判所はリコールを無効を訴えた元町議の上告を退ける決定をした。これにより元町議の敗訴が確定した。

リコールで失職 群馬 元草津町議の敗訴確定 最高裁上告退ける | NHKニュース
新井元議員は、町長や議員が主導したリコールは無効だとして、群馬県選挙管理委員会を訴えましたが、東京高等裁判所は「町長がリコールを行っていないことに加え、町長や議員がリコールのために署名を集める運動をすることは禁じられていない。リコールは有効だ」として、元議員の訴えを退けました。

草津町までを中傷した人たちはいま?

 この裁判はリコールの無効を訴えたもので、町長から性的暴行を受けたとする元町議の告発とは関係がない。しかし、元町議の証言には矛盾点が多く指摘されている。また、元町議が保険外交員時代に枕営業をしていたとされる告白書まででてきたことで、最近では彼女の肩を持つ人も少なくなっている。
参考:町長のレイプを告発した草津女性町議 暴露された「枕営業メモ」の中身とは | デイリー新潮

 告発された町長は元町議を名誉棄損罪で刑事告発し民事でも訴えている。この問題では女性団体などが草津町そのものを「セカンドレイプの町」批判するデモを行うなど、町長の名誉だけでなく町全体が傷つけられている。
参考:草津を「セカンドレイプの町」と断定…冷静さを失うリベラルへの疑問(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

 あれだけ騒いでいた人たちも、証言の矛盾が次々と指摘され元町議の素性が明らかになるにつれ、その声も小さくなっていった。元町議の告発については、これから裁判で真実が明らかになっていくものと思われるが、その前に手を引くならば不確定な情報で草津町を「セカンドレイプの町」と中傷したことを詫びてはどうか。

関連:森会長が辞任!じゃあこれは?→杉尾秀哉、女性官僚に「アンタ異例の出世!背後に安倍!」小池晃「オホホ」田村智子「セクハラ告発は実名を明かせ!」
関連:共産党・田村智子さん、本多平直の件を会見で突っ込まれしどろもどろ「白い服や黒い服でMeTooしないのか?」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で