ラサール石井さん「細木数子と共演NG」だったことを明かす→そもそもテレビには呼ばれていなかったことを指摘される

政治・社会



 タレントのラサール石井が21日にツイッターを更新し、10日に亡くなった六星占術創始者で占術家の細木数子さんについて共演NGであったことをツイッターで明かした。
 お笑いタレントの水道橋博士が「彼女のバラエティ全盛期、ボクは断固共演NGだった」と投稿したことを受け「私も断固共演NGでした」と同調したものだが、故人となってから批判する姿勢に加え、そもそもテレビ番組に呼ばれていなかったのではないかという指摘まで受ける結果となっている。


水道橋博士との違い

 水道橋博士に関しては、細木数子のような大物に対して聞いてはいけないことを聞いたてしまったり、緊張感のあるやり取りが期待され番組からオファーがあったことは想像できる。一方でラサール石井は、細木数子のブームが始まった2004年ころのバラエティ番組出演はほとんど記憶になく、そもそもオファーがあったかどうかも疑わしい。

 もしラサール石井にオファーがあったとすれば「あの人は今!?」的な企画で芸名変更をしてもらったりとか、そういうレベルの扱いだろう。

関連:ラサール石井、コロナでの死者に「自民政権が人体実験を試したんだから」→案の定、炎上中
関連:ラサール石井が河村市長のセクハラ発言を批判「森喜朗氏を凌駕する」→無事、過去発言を突きつけられる「浅田真央ちゃんは早く彼氏を作るべき。エッチしなきゃ」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で