原口一博さん「ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ」ツイッター投稿に批判→投稿の真相は?誤解?

政治・社会

【動画】原口一博が野党合同ヒアリングでパワハラ「僕らの政権なら真っ先に役所から去ってもらうリストに入る。脅しじゃない」

 立憲民主党の原口一博衆院議員(佐賀1区)が9日朝、自身のツイッターで「ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ」と投稿したことに批判が殺到している。リプライと引用リツイートで2000件以上のコメントが寄せられている。


投稿は原口氏の言葉ではない

 批判コメントの大半が、国会議員である原口氏が日本が滅びゆくとツイートすることが適切ではないというものだ。だがこれは勘違いで、原口氏が添付している動画の中で紹介されている書籍のタイトル「ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK(アウトブレイク) 17歳から始める反抗するための社会学」のことである。
 問題となった投稿の2分前にもその書籍を紹介している。


 ただし、この書籍の内容は「この国は虚構(コロナ)で解体されファシズム化する」というもので、Amazonの高評価レビューを見ると、そもそも国に絶望しているひとばかり。批判的なレビューでは「陰謀論的」とされている。これを国会議員が紹介していることの是非は問われそうだ。

関連:検証!保守速報の「光の戦士こと原口一博、落選!」は悪質なフェイクニュース、利用された朝日新聞デジタルのスクショも誤り
関連:【立憲民主党代表選】原口一博さん「私のイチ押しは安住くんだ」→安住さん「冗談ですからね、ニュースで使えないからどうせ」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう