ブーメラン直撃!立憲民主党支部もコロナ助成金を受給→西村幹事長「問題はなく適正な受給」国会で与党を追及してませんでした?

政治・社会



 コロナ関連助成金の受給問題で与党を追及する立憲民主党に、特大のブーメランが直撃している。なんと、立憲民主党の阿部知子衆院議員(神奈川12区)と岡本あき子衆院議員(宮城1区・比例)が代表を務める政党支部も、コロナ助成金を受給していたことが分かったのだ。

 受給したのは新型コロナウイルスで臨時休校となった影響で、保護者が有給休暇などを取得した場合に事業者に支払われる助成金だった。阿部氏が代表を務める「立憲民主党神奈川県第12区総支部」は、24万4920円を受給。岡本氏が代表を務める「立憲民主党宮城県第1区総支部」は2万9520円を受給していた。
出典:立憲民主党2議員の団体もコロナ助成金を受給 計27万円超返金へ

立憲の受給は問題ないと開き直り

 立憲民主党では13日に続いて14日の予算委員会でも、与党議員の助成金受給を追及していた。石原伸晃氏や大岡副大臣の受給を痛烈に批判しながら、立憲民主党内の調査は後回しにしていたのだ。

 小川淳也政調会長は予算委員会で、石原伸晃氏が内閣官房参与を辞任したことを受けて、石岡副大臣も辞任するべきではないかと総理を追及していた。西村智奈美幹事長は立憲の受給が発覚したことについて「制度上の問題はなく、適正な受給であると考えるが、国民の誤解を招きかねないことから、返金ということになった」とダブルスタンダード上等の開き直りを見せている。

 与党はダメで野党は許されるという典型例で実に見苦しい。そもそも助成金は職員の雇用を守るために受給したものなのだから、立憲民主党も余計な追及をしなければ良かったのだ。

関連:腐ったマスコミ!山本左近議員のコロナ助成金受給「問題なし」の判定から「問題あり」に変更して叩く【マガジン148号】
関連:共産党・宮本徹氏、政党交付金に「国営であるかのような政党もある」さて、議員が赤旗を販売し集金する異常な政党はどこでしょう?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう