共産党ジョーク?志位委員長「党運営では民主主義を大事にしている」連合・芳野会長の指摘に不快感「公党批判するなら根拠示せ」

政治・社会



 日本共産党の志位和夫委員長は16日の定例会見で、連合の芳野友子会長がインタビューで「民主主義のわれわれと共産の考え方は真逆の方向を向いている」と発言したことに不快感を露にした。
 志位委員長は「労働運動のナショナルセンターである連合の責任者が公党に対して非難をする以上、根拠を示す必要がある」と繰り返し述べ、「党運営も民主主義を大事にしている。民主主義の党ではないとおっしゃるのであれば全く違う。事実と異なると申し上げておきたい」と反論した。
参考:志位氏「根拠示せ」 共産批判の連合会長に不快感 – 産経ニュース

党批判を許さない無謬の党

 こうやって党への批判は誰であっても許さないという姿勢こそが、共産党が敬遠される要因でもある。党は決して過ちを犯さず、その党を批判するものが間違っているという無謬性に民主主義など存在しない。党と異なる意見を外部に発信してならないとされ、これまでも異なる意見を発信したものはことごとく除籍してきた。

 執拗に立憲民主党に共闘継続を要求しておきながら、その支持母体である連合の会長に公然と喧嘩売る姿勢も暴力革命思想を彷彿とさせる。連合側も衆院選で立憲民主党が議席を減らした原因を「共産党との連携で組合員が投票先を失った」と結論付けており、共産党はこれから立憲民主党に対して「連合か共産党か」という選択を迫ることになる。暴力だけはやめてくださいね。

関連:立憲民主党の野党共闘離れが加速、心を折ったのは共産党の振る舞いと落選議員の惨状【マガジン145号】
関連:【動画】志位委員長が記者の質問に不快感「コメントしない!」立憲代表選候補全員が共闘見直しを示唆したことに不満爆発か?


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう