【動画】志位委員長が記者の質問に不快感「コメントしない!」立憲代表選候補全員が共闘見直しを示唆したことに不満爆発か?

政治・社会



 日本共産党の志位和夫委員長は25日の記者会見で、立憲民主党の代表選候補全員が共産党との共闘見直しを示唆していることについて記者から問われ、他党のこととして「コメントいたしません!」「コメントしない!」と繰り返し不快感を露にした。

自民党総裁選にはコメントしていた

 他党の代表選にコメントしないというよりも、共産党との共闘が衆院選の敗因とする立憲民主党の論調が気に入らないのだろう。志位委員長は自民党総裁選には各所で「コロナ対応の反省が見られない」「表紙をめくれば安倍・菅」など、散々と揶揄してきたではないか。
参考:共産 志位委員長「どの候補もコロナ対応などの反省見られず」 | 2021自民党総裁選 | NHKニュース
参考:表紙めくれば安倍・菅首相 志位共産委員長:時事ドットコム

 衆院選以降、志位委員長をはじめ共産党幹部らの強引な共闘正当化が目立ち、懐疑的な質問をする記者らに対する態度もきつくなっている。選挙に負けてこういう態度に出る政党が、万が一にでも政権に就くとどうなるか考えるだけで恐ろしい。

関連:共産党・穀田国対委員長が読売新聞を批判「共闘は敗北とおたくの新聞が言っている。立憲の議席はどうだった?」→質問もなく会見終了
関連:共産党・小池晃書記局長「安保条約廃棄の国民的合意をめざして安保そのものを正面から取り上げて活動する」→野党共闘は終わりですね

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で