赤松健氏の参院選挑戦にエール『はじめの一歩』作者の森川ジョージ氏「同じ雑誌で切磋琢磨した友人の新しい挑戦を見守りたい。」

エンタメ



 自民党が来夏の参議院選挙で、『ラブひな』『魔法先生ネギま!』の作者として知られる漫画家の赤松健氏を擁立する方向で調整していることがわかった。
 報道を受け赤松健氏は自民党本部で面談を行ったことを自身のツイッターで明かし、現在は選考過程であるが表現の自由を守るため立候補する意思が固いことを表明している。


『はじめの一歩』作者からもエール

 赤松氏の代表作が掲載された週刊少年マガジンで『はじめの一歩』を連載中の森川ジョージ氏は17日、自身のツイッターで「政治家になりたいという発想は彼の今までの活動から地続きであり、なんの違和感もない。」と投稿。赤松健氏の擁立報道を受けエールを送ったものと思われる。


 森川氏の『はじめの一歩』は1989年から連載中で、赤松氏の『ラブひな』は1998年から2001年、『魔法先生ネギま!』は2003年から2012年まで連載、『UQ HOLDER!』は2013年(2016年から別冊少年マガジン)から連載中だ。

関連:VTuber戸定梨香の動画削除を求めた全国フェミニスト議員連盟のトンデモ言い訳「削除は千葉県警、議員に力ない」
関連:環境省の萌えキャラ女子高生がなぜか炎上「女子高生に責任を押し付けている」多様性も表現の自由も認めない過剰反応


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう