環境省の萌えキャラ女子高生がなぜか炎上「女子高生に責任を押し付けている」多様性も表現の自由も認めない過剰反応


 環境省が地球温暖化対策として温室効果ガス削減を促すキャンペーン「COOL CHOICE」で使用されるキャラクターが炎上している。キャラクターは女子高生の設定で、いわゆる“萌えキャラ”だ。

 キャンペーンは数年前から行われているが、環境省のツイッターアカウントが21日にあらためて紹介したところ、女子高生の萌えキャラである必要を疑問視する声が多数寄せられている。

女性の表現活動まで制限してしまう

 批判の声として「女子高生に責任を押し付けている」という謎の理屈があるようだが、ちょっと何を言ってるか分からない。こういったフェミニストの謎の主張にジャーナリストの志葉玲さんが飛びついて賛同しているのだが、これがまた何を言ってるかよくわからない。
参考:環境省の萌えキャラ炎上、何が問題なのかージャーナリストが解説 今日のニュース – 志葉玲タイムス

 志葉さんは独自の環境に対する考え方を披露しているのであって、萌えキャラの問題点については他人の意見を引用しているだけで解説されていない。その引用の中でも特に酷いと思うのは「決定権を持っていたのは今のオッサンとジイサンだよね。女子高生に押し付けんな」という部分。これはもうちょっとした男性差別です。過去も今も政治的決定権を持ってる人間の大半が男性であることは事実ですが、これからの環境問題に取り組む過程で性別での責任論に持ち込むのは、それが男性でも女性でも好ましくありません。

 このような誤ったフェミニズムが横行しては、女性のキャラが使えないだけでなく女性の活躍の場まで奪ってしまう。これが男性のキャラなら今度は「なぜ男性なんだ」と難癖が始まるのでしょうが、多様性を認めるならば萌えキャラだろうと女子高生だろうと寛容に受け入れることが大切なのでは?

関連:ローマ教皇が女性の手を叩く→小島慶子「叩かれたのはアジア系の女性、男性や白人だったら”失礼な女が悪い”となっただろうか」
関連:立民・打越さく良議員「なぜ男性議員がこれほど必要かを論証して」←これは機会均等ではなく男性蔑視では?

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

部活集団感染の学校をフジテレビが写真付きで晒す→生徒を中傷する電話が学校に殺到、写真は法務局に通報し削除要請

元朝日新聞の佐藤章が安倍総理の潰瘍性大腸炎を疑う投稿「主治医筋からの間接情報によればその病名自体怪しい」前日には「この冬コロナ地獄列島と化す」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP