立民・打越さく良議員「なぜ男性議員がこれほど必要かを論証して」←これは機会均等ではなく男性蔑視では?


立民・打越さく良議員「なぜ男性議員がこれほど必要かを論証して」←これは機会均等ではなく男性蔑視では?

 立憲民主党の打越さく良参院議員は22日、女性議員が少ないという記事を自身のツイッターで引用し「参議院議場を見渡して、むしろ、「なぜ男性議員がこれほど必要か」を論証してほしい…と思いましたが、未だに「なぜ女性議員が必要か」を説明する必要…脱力。」と投稿した。
 

 男女の機会均等を「男性が不必要で女性が必要」というロジックで語るのは、不当に男性を排除する危険な考え方だ。女性議員が少ないという問題を、参院選で選ばれた現職男性議員に向けるのは民主主義の否定でもある。

スポンサーリンク

クオーター制に甘んじて良いのか?

 この手の議員らはすぐに「クオーター制」の導入を唱えるが、それと同時に男性への嫌悪感を露にする悪い癖がある。女性差別や不当な役割分担で政治分野に進出する女性が少なく、有権者の男女構成比と議員の男女構成比が乖離する問題を解決する手法の一つがクオーター制である。
 打越議員はこれをどう勘違いしているのか、有権者から選ばれた現職の男性議員を必要不必要で語っている。日本で女性議員が少ない原因が、不当に機会を奪われているならその問題を解決するのが政治家の役割である。その機会の均等や教育の過程で男女に差があることが一向に解決されないのであれば、制度としてクオーター制を導入するのも一つの手だろう。打越議員は「なぜ男性議員がこれほど必要か」と問うが、これは女性が不必要で男性が必要という有権者の判断ではなく、社会全体の風潮の問題である。

 こういった男女の機会均等を選挙に利用し、極端に女性に偏った候補者選びをする傾向は立憲民主党の特徴でもある。参院選では女性候補者が45%と妥当なラインであったが、募集の段階では女性を主にターゲットにした告知が多く、東京都連の政治スクールでは「特に女性の応募をお待ちしております。」と呼びかけられ、機会均等とは言い難いものだ。
※この投稿を複数議員がコピーして告知

 機会が均等となり実力優先の候補者選びをした場合、すべての議員が男性か女性になるという可能性もゼロではないが、まずそういったことは起こりえないだろう。繰り返しになるが「不当に奪われた女性の機会」を制度として取り戻し、是正されたら撤廃するのがクオーター制の肝である。男性の機会を奪うという意味ではない。

関連:ブーメラン蓮舫「子供を産んだかどうかで女性を評価するな!」→有本香「女性候補者が◯児のママ、子育て経験を選挙の売りにしてるよね?」
関連:女性候補は容姿で選ぶ?立憲・福山哲郎幹事長「自民公明維新みんな男、誰が誰だか分からない」←性差別発言では?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

小西ひろゆきチャレンジ!一般人が訴訟予告されたツイートを吉田康一郎区議らが再投稿「一般人を訴えて市議を訴えないのか」小西ひろゆきチャレンジ!一般人が訴訟予告されたツイートを吉田康一郎区議らが再投稿「一般人を訴えて市議を訴えないのか」

小泉進次郎セクシー発言はテレ朝の捏造!重要部分カット、テロップで印象操作→隣のコスタリカ外交官の発言でした小泉進次郎セクシー発言はテレ朝の捏造!重要部分カット、テロップで印象操作→隣のコスタリカ外交官の発言でした





最近の記事

  1. 今井雅人議員へ抗議状送付!「(桜を見る会前夜祭)出回っている領収書は偽物」予算委員会で事実無根の発言
  2. デマ!東京新聞「伊方原発一時全電源喪失」→全電源喪失の事実なし、原子力規制庁へは作業中停電の可能性を事前連絡
  3. れいわ新選組支持者「安倍退陣デモに山本太郎氏登場!」→参加者「山本太郎いた?」れいわ信者のフェイク動画と判明
  4. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  5. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  6. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  7. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  8. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  9. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  10. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫



最近の投稿

PAGE TOP