恐怖新聞?無言の圧力?和田政宗議員「神奈川新聞より差出人や部署の記載がない封筒が届いた。私の発言をヘイトスピーチとレッテル貼りした紙面が入っていた」

マスコミ・報道



 自民党の和田政宗参院議員は20日、神奈川新聞から差出人が記載されていない封筒が届いたことをツイッターで明かした。和田氏は武蔵野市の住民投票条例に反対する活動をしていたが、その際の発言を捏造され「ヘイトスピーチ」として掲載された紙面が入っていたという。


異論の封殺は民主主義の否定

 取材対象に対して紙面を送ることはあるが、差出人も部署も書かないのは不気味だ。しかも掲載は12月11日であるのに発送されたのは17日となっている。和田氏らが神奈川新聞の取材方法や掲載内容にツイッターで抗議したことに対する無言の圧力と取られても仕方がない。

 武蔵野市の住民投票条例を巡っては、新聞社までが政治的野望貫徹のために形振り構わぬ行動に出ている。条例に賛成するのであれば自らの主張を自由に展開すればいいのであって、異なる意見を封じることに終始するのは民主主義に反するやり方だ。

関連:【武蔵野市住民投票条例案】和田政宗議員が神奈川新聞の捏造記事に抗議「醜悪なレイシストとレッテル貼り。名誉棄損も甚だしい」
関連:外国人にも住民投票権 松下玲子市長が反対派の国会議員らを名指しで批判するツイート!返信不可能設定で言いたい放題、さらに不安に


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう