外国人にも住民投票権 松下玲子市長が反対派の国会議員らを名指しで批判するツイート!返信不可能設定で言いたい放題、さらに不安に

政治・社会



 在留期間などに関わらず外国人にも日本人と同条件で住民投票権を与える条例案を上程する東京都・武蔵野市の松下玲子市長が18日、条例を危惧し反対の意思を表明している複数の国会議員や市長選を戦った前市議の女性を名指しで批判するツイッター投稿を行った。


意見できるのは好意的アカウントのみ

 松下市長は5回に渡り反対派を批判する投稿を行っているが、いずれもフォローしているアカウント以外は返信できないように設定されていた。10月3日に投開票が行われた市長選では、選挙公報のなかで条例案に触れられておらず有権者への周知が不十分との指摘もあるなかで、反論を封じた状態で一方的に持論を展開する市長のやり方が、更なる条例への不信感につながっている。

 必要に応じブロック機能の使用を予告し、ツイッターでは「@ツイートしたユーザーのみ」を選択すればすべてのコメントが制限できる機能もあるが、あえてそれを選択せず以前から松下市長がフォローしていた好意的なアカウントのみコメント可能という不公平な対応にも疑問が残る。

 市民の意見を封じるようなやり方で、一方的に市長の言い分だけが流れてくるようでは不安も広がる一方だろう。

関連:武蔵野市が議会に上程「外国人に日本人と同条件で住民投票権」外国勢力による自治体乗っ取りは可能なのか?
関連:【動画】立憲・山井和則さん「(外国人)体調悪いとハンバーガーしか喉を通らない」来日する五輪選手の外出制限に自論→委員長は爆笑

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で