東京大学名誉教授・上野千鶴子「オミクロン株、尾身苦労株と読めてしまう」尾身会長の名前を揶揄して炎上

政治・社会



 東京大学名誉教授の上野千鶴子氏が24日、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長の会見について「オミクロン株、尾身苦労株と読めてしまう。」とツイッターで揶揄したことで炎上している。


過去のツイートと矛盾する

 上野氏は過去に、新型コロナウイルスの変異株を「インド株」などと土地や民族の名前を付けることに「いいのか?」と苦言を呈している。

 とにかくこの人物の主張は自己の行動が伴わず口先だけという批判が多い。「平等に貧しくなろう」と主張したときにも、自分は高級外車を乗り回しタワーマンションに別荘と贅沢三昧であることが指摘されている。

 各方面から批判を浴び続ける彼女だが、なぜか定期的に有識者としてメディアに持ち上げられる。何度炎上してもその地位が揺るがないことが彼女を増長させているのだろう。

関連:上野千鶴子「エリート大学の女子学生たち今に見てろよ、結婚、出産したら愕然とするから」不幸を望む呪い
関連:立憲・早稲田ゆき氏「在留資格のある外国人の再入国も停止要請」投稿が炎上し謝罪


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう