【動画】緒方林太郎議員「駐日ロシア通商代表部はスパイ活動の拠点、捜査が始まると帰国する」外交官の接受を取り消すよう求める

政治・社会



 野党系無所属会派・有志の会の緒方林太郎衆院議員は11日の内閣委員会で、駐日ロシア連邦通商代表部が日本におけるスパイ事案の拠点となり、捜査が始まると本国に帰国するのがパターン化していることを指摘し、外交官としての接受をやめるよう外務省に求めた。

スパイ活動の舞台となっている

 駐日ロシア連邦通商代表部に関しては、駐日ロシア大使館が別にあるにもかかわらず、外交官としての接受された関係者が日本で諜報活動を行い、ロシア関連のスパイ事案はほぼこの通商代表部が絡んでいることが指摘されている。

 緒方議員の指摘は、現下のウクライナ侵略なども鑑み、通商代表部の待遇を変えるべきというものだが、外務省側の答弁は明確な意思を示すものではなかった。

関連:社民党が謝罪、機関紙でロシアを擁護し米国の陰謀説を展開「ロシアを悪玉に仕立てた」北朝鮮による拉致問題対応と同じ過ちを繰り返す
関連:フェイクニュースか?「ロシア政府、戦死者の遺族に11,000ルーブル(12,345円)しか払えない」まとめサイトを踏み台にした工作に注意


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう