【動画】れいわ・大石あきこ議員の質問に全員困惑→委員長「何を聞きたいの?」参考人「どう答えいいか分からない」「哲学的だ」「知的刺激あふれるw」

政治・社会



 31日の内閣委員会で質問に立ったれいわ新選組の大石あきこ衆院議員が、質問をそっくり飛ばして意味不明な言動を行い委員長と参考人を困惑させる場面があった。

 大石氏は質疑冒頭から7分間に渡り自説を開陳し、参考人への質問をしないまま「ご意見を伺いたい」と述べ、委員長から「え?大石君?何をお伺いすればいいの?」と指摘された。大石氏は慌てて質問内容を述べたが参考人からは「どのようにお応えしていいか迷っている」「たいへん哲学的な質問で答えられるか分からない」「知的刺激あふれる質問でたいへん面白い」と4名中3名が答弁冒頭で困惑している旨を述べるという異例の事態となった。

維新憎し以外に目的がない

 参考人質疑では招致された参考人がそれぞれの意見を開陳し、それに対して委員(議員)が質疑をする流れとなっている。委員は事前に質問を用意するが、参考人の発言によって内容が左右されるため案件の内容をよく理解していないと具体的な質問ができないことがある。

 大石氏が具体的な質問を行わず抽象的な自説に対する意見を求めたため、その分野の専門家である参考人も回答に困っているようだった。1日3億円かかると言われる国会で、子どもの学級会みたいな質問をしてもらっては困る。

 とにかく維新憎しで議員をやっているような人なので、こうやって具体的な政策議論になるとグダグダになるのです。ツイッターとYouTubeチャンネルでは威勢がいいようですが、委員会での哀れな姿は見ているこっちが悲しくなるレベルだ。

関連:【胸糞動画】れいわ新選組・大石あきこ議員がタメ口で質問「ちゃいますの?」→小林大臣は不快感露わに答弁
関連:【動画】懲罰だ!れいわ新選組ご一行様が本会議採決で勝手に演説(山本太郎、たがや亮、大石あきこ)


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう