小野寺五典元防衛相「自衛官の父親を持つ友人から「お前の親父は憲法違反組織にいる」と共産党支持者から苛められた話を聞きました」

政治・社会



 日本共産党の志位和夫委員長が7日、ウクライナ危機を踏まえ「急迫不正の主権侵害が起こった場合には、自衛隊を含めてあらゆる手段を行使して、国民の命と日本の主権を守りぬくのが党の立場だ」と発言したことに、自民党の小野寺五典元防衛相は「昔、自衛官の父親を持つ友人から「お前の親父は憲法違反組織にいる」と共産党支持者から苛められた話を聞きました。ウクライナ戦争による反露世論の高まりに乗じて都合よく自衛隊を使う、この志位委員長の発言にびっくり!」とツイッターで批判した。


吉良よし子「レンジャー訓練やめて」

 自衛隊を憲法違反として目の敵にしてきた共産党が白々しい。小野寺氏の投稿したようなエピソードは他でもよく聞く話で、共産党が展開してきた反自衛隊運動が少なからず影響している。

 日本共産党の吉良よし子参院議員が初当選する前年に、自衛隊のレンジャー訓練に反対し自衛隊員の前で「レンジャー訓練やめて」とプラカードを掲げたのは有名な話だ。


 この嫌がらせに等しい行動は、今でも当時のブログが残っている。


 こんな酷いことをしておいて、都合よく自衛隊に助けてもらおうなんて虫が良すぎる。

関連:【動画】共産党「自衛隊を使い国民の命と日本の主権を守りぬく」→国民・榛葉幹事長「春の陽気のせいか、まあ一貫してないですね」
関連:福島みずほ議員「与那国島、石垣島、宮古島に自衛隊が配備され、奄美、馬毛島にも配備されようとしています」→長島昭久議員「で、何か?」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう