【動画】共産党「自衛隊を使い国民の命と日本の主権を守りぬく」→国民・榛葉幹事長「春の陽気のせいか、まあ一貫してないですね」

政治・社会



 日本共産党の志位和夫委員長が7日、ウクライナの状況を踏まえ「急迫不正の主権侵害が起こった場合には、自衛隊を含めてあらゆる手段を行使して、国民の命と日本の主権を守りぬくのが党の立場だ」と発言したことに、国民民主党の榛葉賀津也幹事長は8日の会見で「春の陽気のせいかわかりませんが」「まあ一貫してませんね」と述べた。

参院選選対策の二枚舌か?

 日本共産党は自衛隊について憲法違反との認識で、党綱領では「国民の合意での憲法第九条の完全実施(自衛隊の解消)に向かっての前進をはかる」としている。
参考:自衛隊をどうする 日本共産党

 志位委員長の発言は、ウクライナの危機を目の当たりして国防を強く意識するようになった有権者へのアピールだろう。参議院選挙向けに綱領と矛盾した発言をしたとの批判もある。

 自衛隊を違憲とし解消を目指す日本共産党が、都合よく自衛隊に命を張れというのは虫が良すぎる。ロシアによる侵略とウクライナ危機により、日本共産党の綱領と政策が、いかに危険であるか証明されてしまい焦っているのだろう。

関連:【動画】共産党・田村智子「憲法審査会を開く意味・意義がない」参議院の毎週開催を否定し自論展開
関連:【写真】県警の防弾パネルに守られる小池書記局長→ウクライナへの防弾チョッキ提供には「武器だ」と反対する共産党【マガジン162号】


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう