【参院石川補選】立憲・大西健介選対委員長、開票開始30分で敗戦の談話を発表してしまう!まるで用意してたように

政治・社会



 参議院石川県選挙の補欠選挙は24日に投開票が行われ、自民党の宮本周司氏が当選を確実にした。立憲民主党から出馬した小山田経子氏は、党所属議員が連日応援に石川入りしたが出口調査でトリプルスコアの差を付けられ惨敗した。
参考:参院石川選挙区補選 自民党前議員 宮本周司氏 3回目の当選確実 | NHK | 選挙

 この結果を受けた立憲民主党の大西健介選対委員長は、フェイスブックと党公式ホームページで談話を発表した。出口調査でのゼロ打ちとはいえ開票も待たず投票締め切りから30分の談話発表は、あらかじめ敗戦の弁が用意されていたことが露骨に分かるもので何ともやるせない気持ちになる。

開票くらいは見てあげようよ

 選挙中の情勢を見ても、立憲公認の小山田氏が自民党の宮本氏に大きく引き離されていることは明らかであったが、最後のマイク納めまで支持を訴えていた手前、敗戦の談話はもう少し時間をずらしたほうが良かったのではないか。午後8時32分の談話発表時点では開票の初報すら出ておらず、マスコミの出口調査しか発表されていない。

 現実問題として複数社がゼロ打ちで当確を出した時点で自民党陣営は万歳を行うのだが、まあ開票状況の初報くらいは確認してあげてほしいものです。敗戦談話の原稿を用意していること自体もよくある話なのだが、それを分からないようにするのが人情ってもんじゃないですか。

 この談話を出した大西選対委員長が、参院選の候補者擁立も遅れに遅れた状況で、自分の選挙区で以前と変わらず辻立ちして地元イベント巡りばかりしてるのもどうかと思いますよ。前任者は比例復活もできず落選しましたが、これは維新旋風だけでなく党のために全国を忙しく飛び回った結果という労いの声も聞きますが・・・大西選対委員長は石川入りしたんでしょうか?

関連:無かったことに?立憲民主党参院石川補選予定候補・おやまだ経子さん、過去ツイートを大量削除
関連:共産党市議「山口は民度が低い」投稿に「首肯せざるを得ません」山口補選での共産候補落選で暴言 連合会長への「アホ」もリツイート


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう