原口一博さん「テレビ討論で押されっぱなしの立憲民主党幹部が情けなく腹立たしい。負ける人をテレビに出さないで。とのメッセージが増えてきた」小川淳也「・・・」

政治・社会



 立憲民主党の原口一博衆院議員は25日、自身のツイッターを更新し「「テレビ討論で押されっぱなしの立憲民主党幹部が情けなく腹立たしいです。負ける人をテレビに出さないでください。」とのメッセージが増えてきました。」と投稿した。


小川淳也氏を暗に批判

 原口氏のツイートは24日生放送のフジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』に出演した、同党の小川淳也政調会長を念頭に置いたものだろう。小川政調会長は番組内で自民党の小野寺五典元防衛相と安全保障について議論したが、事実誤認などを指摘され小野寺氏から笑われる場面もあった。
参考:小野寺氏「中露北3カ国軍事連携の『複合事態』への危機感を持つべき」

 小川氏に関しては政調会長就任前から繰り返しテレビ出演しているが、菅義偉総理(当時)に関して「人間は生い立ちと環境で決まる」と発言したり、自民党議員を「ヤカラ」と呼ぶなど問題も多い。SNS投稿や政治活動においても問題を指摘されることが多く、度々謝罪動画をアップしていた。

 こういった経緯から原口氏の気持ちは分からなくもないが、こういう問題を党内で解決することもなく、暗に同僚や執行部を批判するやり方も有権者から見れば不信感しかないだろう。

関連:原口一博議員の「ディープステート」投稿が波紋、過去には国会で「トランプとプーチンは結束してこのディープステートに当たる」
関連:原口一博議員、ヒトラー念頭にウクライナ大統領を揶揄か?「ファシストは、道化の姿をして入ってくる。人々は、その道化が悪魔だとは気づかない。」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう