ウクライナ無断渡航、立憲・小熊氏のミリタリールック否定は本当か?「通常のライダースジャケット、バイクに乗る場合の安全性と機能性を考慮した結果」

政治・社会



 ウクライナに無断渡航して役職停止1カ月の処分を受けた立憲民主党の小熊慎司衆院議員が11日、一部ネットで"ミリタリールック"と指摘されていた服装について釈明した。

 小熊氏によると通常のライダースジャケットで、バイクに乗る際の安全性と機能性を考慮したとのことだ。ミリタリールックと誤解を与えたことには反省しているという。


本当にライダースなのか?

 こんなライダー見たことないのだが、ベレー帽まで被っておいて苦しい言い訳のように思える。


 一応はライダースとして販売されているもののようだが、結構なお値段だ。

 小熊氏が渡航後にバイクに乗っている様子は確認できないのだが、唯一あるバイクの写真はモーテルに宿泊した際の駐車場に2台写っているが、これに小熊氏が乗っていたかは不明だ。

 小熊氏の服装が炎上するより前の5月8日に、フェイスブックに寄せられたコメントに対して「私如きが志願兵と比べるべくもなく…ただ単にバイクに乗る時の出立ちです」と説明していることから、ライダースとの認識は炎上後の言い訳でもなさそうだ。


 いずれにしても、国会議員が海外に渡航してこのスタイルはない。他の写真でもゼレンスキー大統領を意識したような服装で、かなりのナルシストと思われる。

関連:立憲・小熊慎司議員が国会に無断でウクライナ渡航、役職停止1カ月の処分「義憤に駆られた」→とても楽しそうに電動キックボードで散歩
関連:【動画】立憲民主党演説会や事務所でナチス式敬礼?右手を胸の位置で水平に構えてから斜め上に掲げるポーズ


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう