【動画】立憲・奥野総一郎さん「自衛隊を違憲だと言ってる人なんてほとんどいない」共産党の存在をあっさりと否定してしまう

政治・社会



 12日の衆議院憲法審査会で、立憲民主党の奥野総一郎衆院議員が「自衛隊を違憲だと言っている人はほとんどいない」と発言し、出席した委員らをざわつかせる場面があった。

 奥野氏の発言は自民党の新藤義孝衆院議員が「国会の中にも自衛隊を違憲の存在だと主張する政党がある」と述べたことに対するもので、日本共産党の公約を念頭に置いたものだった。

共産党の存在を否定

 日本共産党は衆院選の公約で、自衛隊の存在を違憲として段階的な解消を掲げている。

 ウクライナ情勢を受けて国防への関心が高まっていることに対して志位和夫委員長は「急迫不正の主権侵害が起こった場合には自衛隊を含めて、あらゆる手段を行使して国民の命と日本の主権を守り抜くというのが日本共産党の立場だ」と述べているが、自衛隊を違憲として解消を求める姿勢に変更がないことから、ご都合主義の詭弁として批判されている。

 奥野氏の憲法審査会での発言は、こういった共産党の主張を「そんなひとはいない」と切り捨ててしまったことになるのだが、先日の「ロシアより与党が許せない」という発言と同じで、あまり考えずに適当なことを言う癖があるのだろう。

関連:立憲・奥野総一郎議員「ロシアより許せないのは与党」護憲派憲法集会で発言→大炎上し撤回「エキサイトした」
関連:検証!高市早苗をデマ攻撃する立憲議員「政権に批判的と言われたキャスター達が交代に追い込まれた」→証拠は?のツッコミ殺到


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう