共産党・志位和夫さん、公示前に堂々と投票を呼び掛ける「福岡県から”比例は共産党”の声を、広げに広げてください!」

政治・社会



 日本共産党の志位和夫委員長が21日、福岡県内での街頭演説後の動画を引用し、公示前であるにもかかわらず、今夏の参院選の投票を呼び掛けるコメントをツイッターに投稿した。

 公職選挙法では、選挙期間中以外の投票呼びかけは事前運動として禁止されている。志位委員長はツイッターで「福岡県から「比例は共産党」の声を、広げに広げてください!まじま省三さんを、みんなで力をあわせて押し上げてください!」と特定選挙の候補予定者と並ぶ動画を引用し呼びかけを行っている。動画では獲得目標の票数まで明示しており、これを認められた政治活動とするのは無理がある。


捕まらなければなんでもあり

 共産党と言えば公示前の「氏名入りタスキ」であるが、昨年の都議選前に氏名入りタスキを使用していたことが指摘され、議会で謝罪をするという事案があった。一時的に「党名」「本人」タスキを使用することが増えたが、参院選を前に氏名入りタスキを常用し完全に開き直っている。

 また、今回のように「比例は共産党」と公示前に呼び掛けるのは衆院選でも行われており、どこの地方に行っても宣伝カーが連呼しながら走り回っている。公職選挙法に関しては、買収や期間により禁止された文書図画の配布でもない限り逮捕されることはほぼない。ましてや選挙前とあっては警察も消極的で、稀に選挙管理委員会から警告が来るだけだ。

 共産党は逮捕事例と警告からの改善なしで検挙されるかどうかなど、ケースごとに分析しているようで、逮捕されなければ何をやってもいいという考えは昔から変わらない。こういう考えの人たちが憲法を守れと叫んでも共産党員以外には響かないだろう。

関連:ついに共産党が公選法違反を認め謝罪、当初は氏名タスキ着用を否定するも証拠写真を突きつけられ観念
関連:【動画】共産党さんを直撃!名前入りタスキは公選法違反では?→「ファッションの一部、選管に許可とった」→最終的にカメラの前で一部違反認める【マガジン66号】

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう