米ツイッター社に中国の工作員、FBIが通知していたことを元セキュリティー責任者が公聴会で証言

政治・社会



 米ツイッター社を内部告発した元セキュリティー責任者で著名ハッカーのピーター・ザトコ氏が13日、米連邦捜査局(FBI)がツイッターに対し従業員の中に中国国家安全部(MSS)の工作員が少なくとも1人いると通知していたことを公聴会で証言した。

米ツイッター社員に中国工作員が存在、FBIが通知=内部告発者 | Reuters
ザトコ氏は公聴会で、中国政府がツイッターのユーザーに関するデータを収集できることについて、一部の従業員が懸念していたと指摘。中国の広告主からの広告収入の機会を最大化したい一部のチームと、地政学的緊張が高まる中での中国での事業展開を懸念する他のチームとの内部衝突を詳述した13日付のロイター報道に触れ、「これは社内の大きな問題だった」とし、ツイッターは広告収入で最も急成長している中国に背を向けることを嫌ったとした。

また、ツイッターを解雇される前の週に、FBIがツイッターに対し、中国国家安全部(MSS)の工作員がツイッターの従業員名簿に載っていると通知したことを知ったと述べた。

各国政府機関の情報漏洩に懸念

 かなり衝撃的なニュースであるが、ここで指摘されている中国工作員が現在も在籍しているかは不明のようで、実際に車内で工作活動を行っていたかも不明だ。だが常識的に考えて中国国家安全部が工作活動もせず、ただ漫然と社員でいるわけがない。

 アカウント情報などの漏洩も懸念され、各国首脳など政府機関もツイッターを活用していることから問題は深刻だ。企業に浸透して方針を転換させる工作よりも、情報を抜き取るための工作は思った以上に容易で世界中の企業に潜り込んでいるのかもしれない。

 このニュースは、テレビ朝日の「モーニングショー」が取り上げるなどしており、日本でも今後の展開が注目されそうだ。

関連:河野太郎攻撃にみる自称保守の脆さ 海外からの工作に利用されやすい体質と無自覚な加担【マガジン174号】
関連:【総務省】TikTokなどアプリの挙動検証 中国アプリなど利用者の意図に反して情報を外部送信する問題、実態解明へ

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう