サッカーW杯ドイツ戦勝利に共産党区議「日本代表は勝っちゃうしで、残念というほかない。」ツイッター投稿が炎上

政治・社会



 日本共産党の羽鳥だいすけ中野区議会議員が24日、サッカーワールドカップカタール大会でドイツ戦に勝利した日本代表について「残念でしかない」とツイッターに投稿し炎上状態となっている。

 羽鳥区議は多様性などを訴える腕章の着用を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)に抗議したドイツ代表が試合前の写真撮影で、口を塞ぐポーズをとったことを報じる記事を引用し「日本とドイツのサッカー協会の差を見せつけられちゃうし、日本代表は勝っちゃうしで、残念というほかない。」と投稿したが、報道とは関係のない日本代表の勝利まで「残念」としたことに多くの批判が寄せられている。


政治とスポーツの区別

 羽鳥区議としては、多様性などを訴える腕章の着用を禁じたFIFAに抗議したドイツサッカー協会に対して、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が「今サッカー以外のことでいろいろ話題にすることは好ましくない」と発言したことを比較して批判したかったのだろう。
参考:ワールドカップ人権問題に抗議 “今は好ましくない” 田嶋会長 | NHK

 これらの問題に対するサッカー協会の対応の差で、日本代表の選手らの活躍まで否定するのは不適切な投稿だ。羽鳥区議は批判的なツイッターアカウントをブロックしたり、コメントを非表示するという対応を行っているようだが、こういう投稿が許されてしまう党の風潮にも問題がありそうだ。

続報:W杯ドイツ戦勝利「日本嫌い」に別の共産党議員も参戦「同意します。私も本当に残念です」→発端となった羽鳥区議が謝罪「間違いでした」豪快にはしごを外される

関連:共産党・小池晃書記局長が謝罪 中継入り全国会議報告で田村智子政策委員長を威圧的に叱責
関連:共産党・志位委員長が最終戦争を宣言!「(統一教会と)長い闘いだった。彼らが反共の先兵として最初に牙を剥いた。決着つけるまでとことんやりますよ」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう