元民主党の精神科医「杉田総務政務官は発達関係の問題があるのでは。正論をぶつけても意味ない。政府からお引き取り願うしかない」

政治・社会



 元民主党衆議院議員で精神科医の水島広子氏が2日、過去の発言を連日国会で追及される杉田水脈総務政務官について「発達関係の問題がある人なのではないか」「正論をぶつけても、意味がない。政府からお引き取り願うしかないと思います。」とツイッターに投稿、批判を浴びている。


同意なき遠隔診断は人権問題

 過去にも某精神科医が「ツイッター遠隔診断」を行って問題視されたことがあるが、対象者を直接診ることも同意を得ることもなく、医師が病名や障害をSNSなどに投稿するという人権問題だ。

 同意なき遠隔診断そのものが人権上大きな問題のある行為であるが、発達関係の問題があることを「正論をぶつけても、意味がない。」と差別的な見方をして「政府からお引き取り願うしかないと思います。」としている。水島氏の考えでは、発達に問題のある人物は将来的にも政府で働くことができないというのだろうか。

 水島氏が衆議院議員であったのは2005年までだが、2009年の民主党政権誕生時には原口一博総務大臣(当時)に請われ総務省顧問に任命されている。こういった経緯から杉田水脈氏の総務政務官就任に思うところがあるのかもしれないが、それを差し引いても許されることではない。

関連:元民主党議員「いやーな政治家の黒光りした顔になってる。本当に黒光りするんです。」当選同期で自民党に移った議員を批判→細野豪志、松本剛明、後藤茂之、山谷えり子
関連:香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう