共産党区議「歩道にイチョウの葉が大量に落ちてた。早急な清掃を行政に要望した。」→自分でやれ!とツッコミ殺到

政治・社会



 日本共産党の秋間洋区議(台東区)が10日、国道の歩道にイチョウの葉が大量に落ちている写真を添付し「足元が危ない人もいたので早急な清掃を行政に要望した。」とツイッターに投稿したところ「自分でやろうと思わないのか」とツッコミが殺到している。


役所を部下と勘違いしている

 朝っぱらから歩道に自転車を止めて「大軍拡・大増税の岸田政権ストップ」とか叫んでいる暇があるなら、自分が清掃すればいいというのは当然の指摘だろう。

 かなりの数の批判が寄せられ、秋間区議は「道路管理は行政の大事な仕事だ」「私も宣伝前には必ず、可能な限りやっている。」と改めて投稿をしているが、可能な限りやっていなかったから批判されているという自覚は無いようだ。


 何でもかんでも政府が悪い、行政が悪いと批判するのが共産党の仕事なのかもしれないが、役所を自分の部下かなにかと勘違いしているのだろう。

関連:激ヤバ!共産党・宮本岳志「私は気持ち悪いですか?」杉田水脈総務大臣政務官に評価を求め断られる
関連:W杯ドイツ戦勝利「日本嫌い」に別の共産党議員も参戦「同意します。私も本当に残念です」→発端となった羽鳥区議が謝罪「間違いでした」豪快にはしごを外される

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう