原発記事を書くと国から指導?→朝日記者「聞いたことがない」→投稿者「詳細教えようか?」→朝日記者「教えて」→投稿者「だが断る!」


原発記事を書くと国から指導?→朝日記者「聞いたことがない」→投稿者「詳細教えようか?」→朝日記者「教えて」→投稿者「だが断る!」

 ツイッターで拡散された「原発事故が終わっていないとか書くと、電通をすっとばかして国から直接指導が入るんだって」と言う投稿に、朝日新聞の記者が「そんな話は聞いたことがありません」と懐疑的な返信したことが話題となっている。

 これに対し投稿者は「詳細を伝えましょうか?フォローしてDMしてください。」と、直接説明する意向を示すリプライを送っているが、結果的に朝日新聞記者の取材を断っている。

 この後、朝日新聞記者が明かした交渉の経緯を見ても投稿者の対応は不可解。本当のことならお望みの通り朝日新聞が政権を吹っ飛ばしてくれるのだが・・・

スポンサーリンク

記者と投稿者の交渉経緯

 朝日新聞記者が明かした取材交渉の経緯は以下、

ネットの流言飛語に似たエピソード

 投稿者から「詳細を伝えましょうか?」と持ち掛けた経緯からしても、朝日新聞記者が取材を断られる理由もなく落ち度もない。投稿者の主張する「原発報道の検閲」は、おそらく本間龍氏の著書が基になり、それがまるで自己の体験のように語られたり「友達から聞いた」と変化しながらネットで流布されたものだろう。
電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ
関連:電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ

 また、内田樹氏が2016年に翻訳したフランスのネットメディア報道もネットで話題になっており、前述の本間龍氏の著書と証言を根拠に「電通の検閲」が語られ、それが地方紙に及ぶとされている。問題の投稿者が友達から聞いたとされるエピソードに近いものだ。

「私は博報堂にいたとき、まさにそのような仕事をしていたからです。工場や発電所で何かトラブルが起きる。メディアがそれについて報道すると、電通がただちに介入してきます。そして、問題になっている新聞の営業部門を訪れます。」
別に声を荒立てるわけではない。ことは「日本的」に行われる。「ただ、この件についての報道をもう少し抑制してくれないかとお願いする。記事にしないか、あるいは読者の少ない夕刊に記事を掲載してくれないか、と」。新聞の営業部門はそのメッセージを編集部門に伝える。
記者たちはそのプロセスについては何も知らない。翌日になって続報はさらに小さな扱いになるか、まったく報道されなくなる。その場合には紙面に余裕がなかったという理由が用いられる。
しかし、疑惑は無数にある。本間によれば、彼の著書の出版の後、多くの記者たちが彼のところに取材に来て、検閲の事例について確認を求めた。
「少なくとも私が知っている例が一つあります。それはある自動車メーカーが三大日刊紙の一つである毎日新聞に対して検閲を成功させたことです」と彼は言う。原発に関しては、検閲はさらに広がり、週刊誌や地方紙にまで及んでいる。
出典:電通は日本のメディアを支配しているのか? – 内田樹の研究室

まとめ 朝日新聞記者は正しい

 記者やライターは一度秘匿した情報源は命に代えてでも守らなければならない。しかし、今回の投稿者は取材としてではなく「友達から」としているので朝日新聞記者に仲介することには何の問題もない。ましてや投稿者から「詳細を伝えましょうか?」と公然と持ち掛けておいて、いざ交渉が始まると全く取材に応じないとはどういうことか?
 朝日新聞では、福島への風評被害を助長しているとして問題視された「プロメテウスの罠」を長期連載したいることからして、国からの「検閲」などありえない。また、こういった流言飛語はメディアの信用を貶めるものであり、朝日新聞記者が取材を試みるのは当然のことだ。筆者自身も原発事故直後から流れた「昆虫の奇形」というデマを専門的に否定しただけで「原発関連企業から金をもらっている」というとんでもないうわさを流された経験がある。

 ツイッターとはいえ多くの反応を得るアカウントが、いざ取材となると無責任な対応をしている。自身の投稿で迷惑する人間がどれだけいるか少しは考えてみてはどうか?

関連:鳩山由紀夫が放射能デマ「福島の子は甲状腺がんの発生確率が高い。原発事故による放射線被ばくによるもの」
関連:共産党都議の放射能デマ「原発事故後、鼻血を出したりした子がいた」いつまで不安を煽り続けるのか?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

小西洋之議員が高1生相手にヘイトスピーチ「安倍総理は異邦人、人間として普通でもないし、まともでもないから」小西洋之議員が高校生相手にヘイトスピーチ「安倍総理は異邦人、人間として普通でもないし、まともでもないから」

検証!山本太郎は「障害者議員で牛歩戦術をやる」という趣旨の発言をしたのか?→今回も政治知新のフェイクニュース検証!山本太郎は「障害者議員で牛歩戦術をやる」という趣旨の発言をしたのか?→今回も政治知新のフェイクニュース




最近の記事

  1. 東京新聞・望月記者、女川喜平氏の貧困調査を「出会い系バー通い」と蔑称で呼んでしまう事案発生
  2. 本当にあったNHKの怖い話「なめてると海に沈められるよ」関連会社契約社員が区議から現金を脅し取ろうとした疑い
  3. 【検証】琉球新報『嫌中、嫌韓と同様に「嫌沖」と言われる沖縄ヘイト』←嫌沖がいつから使われ始めたのか調べてみた
  4. テレ朝報道局長が世耕氏に謝罪→ラサール石井「普通なら喋っちゃいけない案件」→国会内なので秘密にはできません
  5. 嘘つき!原口一博「衆参17の委員会は桜を見る会の審議などしてない」国会議事録では35の委員会で桜を見る会発言
  6. 野口健さん「僕の表現も大人げなかったのかも」グレタさんの電車移動に「馬車でご移動されてるのかと」投稿が物議
  7. 柚木みちよし議員がテレ朝の捏造を応援「報ステひるむ必要全くなし!」→足立康史議員「酷いツイートだな。総務委員会で取り上げる」
  8. 蓮舫のデマ投稿に世耕氏が削除要請→蓮舫「大学生の時から報道を教わった。今こそフェイクを見分ける力が求められる」いいから消せ!
  9. 記者「桜という漢字について」菅官房長官「見たくも聞きたくもないw」次の質問へ「はい、桜じゃないでしょうねw」
  10. 報道ステーションが番組内で謝罪 世耕氏の発言つなぎ合わせ「説明が十分でなかった」テレ朝報道局長が直接謝罪も



最近の投稿

PAGE TOP