風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪


風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪

 福島原発事故の影響で奇形魚が激増し、その奇形魚を回転寿司が大量に買い付けているという投稿がツイッターで1000回以上もリツイートされ話題となった。しかし添付された画像の魚が海外にしか生息しない種であったことでデマと判明、投稿者への批判が殺到している。

風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪

投稿は削除済


スポンサーリンク

写真は海外のフェイク画像と判明

 写真の魚は北米などに生息するノーザンパイク(カワカマス)で、日本には未定着であるが海外で外来種として定着した事例があることから特定外来生物に指定されている。

 問題の写真は2006年あたりから国内外のブログなどで出回り、2012年には海外の釣り専門サイトで「シャム(双生)のノーザンパイク」として紹介され話題となった。
参考:Siamese Twin Northern Pike Fish Caught

 しかし、2015年には別のアウトドアサイト(海外)でフェイク画像であることが告発されている。釣り上げられた2匹のパイクのうち、小さな個体の頭を大きな個体のエラに差し込んだものだという。
 再現された写真
風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪
出典:「シャムパイク」の本当の話? | モンタナの狩猟と釣り

 たしかに話題となったパイクの写真をみると、シャム特有の結合部分は見られずエラの部分に別の個体が差し込まれているように見える。
風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪

 こういった海外のトリック画像を使い福島県への風評被害を拡大することは許されない。また、他の生物や植物でも「奇形!奇形!」と放射能の影響であるかのように騒ぎ立てるのは控えるべきだろう。

関連:室井佑月が最悪の放射能デマ「チェルノブイリから同心円状に知能が低くなっている」批判受け削除逃亡!あったことを無かった事に
関連:原発記事を書くと国から指導?→朝日記者「聞いたことがない」→投稿者「詳細教えようか?」→朝日記者「教えて」→投稿者「だが断る!」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる【9・19続報あり】単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土、記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる

足立康史議員「フラフラなのは辻元さん。外国人献金や連帯ユニオンの問題が効いていて、酷くおとなしい」祝!辻元清美さんが国対委員長をクビに→足立康史議員「ようやく新しい時代を迎えることができる…かもしれない」





最近の記事

  1. やったぜ!立憲民主党公式「内閣支持率:続落26%」→残念!2017年の記事でした、有田芳生さんも釣られて投稿
  2. 今井雅人さん森法務大臣の本を掲げ愛を叫ぶ「そのあなた!どこ行っちゃったんですか!」大臣「胸が痛かったです」
  3. 蓮舫さん「匿名で自民党幹部がANAホテルを使わないと公言した」←匿名なのに公言とはこれ如何に?
  4. KSLマガジンvol.9 辻元清美議員の「忘年会で買収疑惑」は誤報!桜を見る会追及ロジックと同じ構図
  5. 岩田健太郎さん「橋本岳さんという方が存在することも今朝初めて知りました」→2月7日に橋下岳副大臣のブログに言及してました
  6. 【動画】野党がまた委員会退席!山尾志桜里議員「ちゃんとした議論がしたい」抵抗むなしく理事に連れ出される
  7. 立憲・石川大我議員「噛まれたら同性愛になる映画」公開停止を求める署名拡散→表現規制だと批判殺到→署名を始めた高校生に責任を擦り付ける
  8. 辻元清美さん質疑中に「石破さん頑張ってやー?」→1分後「総理、失礼だとお叱りを受け私も胸が痛かったです」なんか情緒不安定
  9. 【動画】無責任野党!山井和則議員の質疑でまた退席騒動!委員長の新型コロナ対策の質疑要請を拒否して逃亡
  10. 国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に



最近の投稿

PAGE TOP