志葉玲「饗宴の儀でフカヒレが出たのは安倍の失態!中国は規制に前向き!」←いろいろと間違ってるので指摘しておく


志葉玲「饗宴の儀でフカヒレが出たのは安倍の失態!中国は規制に前向き!」←いろいろと間違ってるので指摘しておく

志葉玲がYahoo!に掲載した記事

 ジャーナリストの志葉玲さんが、デタラメな記事で政権批判しているようなので指摘しておく。
 即位礼正殿の儀が行われた22日、国賓を招いた宮中晩餐会「饗宴の儀」で、茶わん蒸しの具に「フカヒレ」が使用され、それは安倍政権の失態だという言いがかりも甚だしい内容だ。
参考:即位の儀で昭恵夫人のドレスより酷い失態-各国要人への料理にあるモノを入れてしまった件(志葉玲) – 個人 – Yahoo!ニュース

 まず「即位の儀」という謎の言葉がタイトルに入っている時点で怪しいのだが、この場合は「即位の礼」と表記するのが正しい。内容的にはフカヒレの原料となるサメなどの乱獲が国際的に問題視され、中国では規制に前向きなのに安倍政権は遅れているというもの。毎度おなじみの中国上げ日本下げ記事だ。
 環境問題を取り扱うジャーナリストとしてはお粗末な内容で、中国でのフカヒレ規制などは事実関係の取材どころか過去の報道すら確認していない完全なフェイクニュースだ。

スポンサーリンク

中国が規制に前向きというデマ

 まず、一番悪質なデマから指摘しておこう。

 絶滅危惧種のサメ類を食べてもいいのか-昨今、世界ではフカヒレボイコットの動きがあるのだという。ある環境団体関係者は「外資系の高級ホテルなどでは、最近はフカヒレを食材に使わない傾向があります」と筆者に語る。「これまでフカヒレ需要が高かった中国ですら、フカヒレ離れが進んでいます」(同)。確かに、中国政府は公式の宴会などではフカヒレを禁止するなど、むしろ日本よりフカヒレ規制に前向きなくらいだ。「日本でフカヒレと言えば、宮城県気仙沼産でしょうが、水産業者も努力はしているものの、まだまだ持続可能な漁業だとは言い難いです」(環境保護団体関係者)。

 これは以前にも志葉玲が使っていたフェイクニュース手法なのだが、専門家や識者のコメントに関係のない自論を付け加えて、さも専門家がそう言っているかのような誘導を行うものだ。
 環境団体関係者のコメントにある「外資系の高級ホテルなどでは、最近はフカヒレを食材に使わない傾向」「日本でフカヒレと言えば、宮城県気仙沼産でしょうが、水産業者も努力はしているものの、まだまだ持続可能な漁業だとは言い難い」、この2例は事実だ。フカヒレを取って身の大半を捨てることに環境団体などが「残酷」と抗議する動きがありホテルなどはイメージを考慮してメニューから外す向きがある。気仙沼産に関しても批判の対象となったことがあるが、対象種でなかったり加工方法や活用方法に対する事実誤認があり気仙沼を批判のターゲットにするとは間違いとされている。これを環境団体関係者は言っているのだ。

 しかし、志葉玲が勝手に付け加えた「中国政府は公式の宴会などではフカヒレを禁止するなど、むしろ日本よりフカヒレ規制に前向きなくらいだ。」という部分は事実ではない。
 中国でのフカヒレ需要は近年で80%も低下しているが、これは習近平主席が中国国内の官僚腐敗に対する綱紀粛正として、公的な宴席で高級食材を提供することを禁止したことが大きい。禁止された高級食材にはツバメの巣なども含まれ、環境問題でフカヒレが禁止されたという事実は無い。
 これが一般にも広まり中国国内での需要は一気に減り、もちろん環境問題を考える向きもあるのだが、世界で見ると中国から散らばった華人による消費が増えており、世界的な問題となっている。

中国はワシントン条約に含むことに反対

 これは決定的なことなのだが、ワシントン条約の附属書Ⅱにフカヒレの原料となるサメなどを含むことに中国は反対している。中国だけでなく日本などの水産国を中心に40か国が反対しているのだが、志葉玲はそういった資料すら読んでいないのか。附属書Ⅱに含むことを日本とともに反対した中国を「規制に前向き」として持ち上げ日本を下げるのは矛盾している。

 さらに志葉玲が示している中国出身のNBA選手・姚明(ヤオ・ミン)のフカヒレ拒否の呼びかけも、同様の呼びかけをしているスターたちは皆、中国共産党のプロパガンダを発信する面々だ。先日もNBAのヒューストン・ロケッツのGMが香港デモを支持する投稿をしたとして謝罪をさせられたが、このチームの2002年ドラフト1巡目こそ姚明(ヤオ・ミン)なのである。ペンス米副大統領にNBAは「中国直属の支局」と批判されるほどの浸透具合だ。

ヤフーはアカウントをはく奪するべき

 志葉玲のこういったデタラメで恣意的な記事は過去何度も問題視されており、ヤフーの信頼性を損なうことになっている。その志葉玲が「ヤフーで記事を配信している」とステータスに利用しているのだから質が悪いことだ。

 いい加減、ヤフーは記事の信用性が低い執筆者からアカウントをはく奪するべきだ。

 追記:志葉玲は記事を書いた当初「晩さん会」としていたが間違いの指摘を受け「饗宴の儀」に書き換え、まとめでは「晩さん会を主催した安倍総理夫妻」と責任追及していたが、これも「事務等を担当した内閣府、これらの閣議決定した安倍政権」に書き換え。記事の根本が間違っていたのに記事を取り消さず書き換えでごまかしている。

関連:検証!志葉玲「決壊したラオスのダムは日本の資金」資金提供も融資も無し、しかも別のダムだったり
関連:【アベガー!発症】志葉玲、広河隆一の性暴力に政権批判を絡め炎上!同業者からも疑問の声が相次ぐ事態に
 

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

韓国・文喜相国会議長がお詫びの書簡 山東参院議長「内容が不十分」と書簡を送り返し発言の撤回と謝罪を求める韓国・文喜相国会議長がお詫びの書簡 山東参院議長「内容が不十分」と書簡を送り返し発言の撤回と謝罪を求める

立民・山尾志桜里「頼むから、仕事、させてください。」←議員を辞めれば仕事はいくらでもありますよ?立民・山尾志桜里「頼むから、仕事、させてください。」←議員を辞めれば仕事はいくらでもありますよ?二代目・瀬戸内寂聴とか





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP